チザコンテ

株式会社アヴェニエール
インタビュー記事

子どもたちが自発的に成長していくアイデアを募集します。

img01

インタビュー:株式会社アヴェニエール 代表取締役 大熊英樹氏
聞き手:発明ラボックス 代表 松本奈緒美

松本:

この度は、第6回チザコンテのエンジェル企業を担って頂きまして誠にありがとうございました。
これまでのエンジェル企業様は、メーカーが多かったのですが、今回は保育所を多数運営されている企業様ということで、異色のエンジェル企業様です。(笑)どのようなことで、弊社のチザコンテに興味を持っていただきましたでしょうか?

大熊:

弊社アヴェニエールは、総合的な子育て支援カンパニーを目指しております。多数の保育園を運営しておりますが、その中で様々な体験をしてまいりました。そんな体験をしてきた中、子育て支援は、保育所だけでないと考えております。保護者が子育てで困った時、保育士もまた困った時、多様なニーズに応えられること、それが弊社の目指す所です。そこで現場で解決したいな、ということをこのチザコンテで問題提起したいと思いました。

松本:

私たちに考えてほしいコンセプトなど教えてくださいますでしょうか。

大熊:

弊社の理念としては

・子ども一人ひとりが持つ潜在能力が引き出される
・コミュニケーション能力が身につき、協調性が養われる
・共同生活の中で自分の役割を見出す能力が育まれる
・自分の考えを相手に伝える表現力が培われる

を目指しております。

アヴェニエールメソッド
保育士の知識を子どもに教えるスタイルではなく、子どもの意思や個性を尊重し、子どもたちと保育士が一緒に体験することを通じて、子どもたちが自ら学ぶスタイルを採用しています。

松本:

御社は、これまでの概念に囚われない、チャレンジ精神溢れる子ども教育をされているのですね。

大熊:

ありがとうございます。このような理念の延長上にあるアイデア、且つ私たちの困っていることが解決されるアイデアが理想です。

例えば、保育園は夕方のお迎えの時間、とても慌ただしくなります。保育士も忙しい時間ですが、子どもたちも、他の子が迎えに来た、自分はまだ来ない、などで気持ちが不安定になりがちです。不安定になると自己主張が強くなり、おもちゃの取り合いになりやすいのです。そうなると保育士もさらに余裕がなくなってしまいます。

そこで子供たちが自発的に「協力する」ことで楽しくなる、という遊具アイデアなどは、考え方として大歓迎ですね。自分一人で遊ぶおもちゃは、たくさんありますが、誰かがいないと楽しくない・・でも、誰かが抜けても楽しさは持続するような、これまでにない遊具のアイデアがあったら保育園としてはとてもニーズがあるのではないかと思います。慌ただしい夕方のお迎えの時間に、活躍するかもしれません(笑)

松本:

ただ「便利」「安全」ということでなく、子どもたちの新しい体験にもなる、というアイデアですね。

大熊:

はい、子どもたちが自ら体験し考える、ということをとても大事にしています。はじめから「これはダメ」ということを強制することはしません。

もう一つ例を挙げますと
例えば食事の時間、手掴みでご飯を食べることは感覚の生育にとても大事なことと思っております。でもそれに対応する食器がないのです・・・。またスプーンの使い始めもそうですが、食器が倒れてご飯がこぼれてしまうので、子ども自身もガッカリするのでしょう。保育士さんたちも大変です。家庭内ではお母さんがイライラしてしまう。

でも、倒れない「手掴みやスプーンの使い始め専用食器」があったら、双方のストレスが軽減すると思いませんか?

松本:

なるほど、それは考えもしませんでした!確かに、成長過程で、手掴みする段階は、必ずありますから、それを当然だと、受け入れて考えてみると新しい形状が生まれそうですね。画期的な発明になりそうです。

私たちは「仕方がない」と思い込んでいることが多いかもしれません。

子どもには、必ずそういう成長過程がくるわけで、「矯正」という考え方でなく、まずは「それでいいんだよ」と子どもを認めてあげるアイデア品ですね。

考えてみると、新しいアイデアが生まれそうで、ワクワクしますね。

大熊:

はい、大人も子どもも笑顔になれるアイデア。これまでの「仕方がない」を疑い、「なんだ、初めからこう考えたらよかったんだ」というアイデアに出会いたい。そんなアイデアを応援したいと思います。

松本:

ありがとうございます。これまでにない、子どもたちの喜ぶアイデアがたくさん生まれてきそうです。発明ラボックスが、選ばれるアイデアにより製造会社とのコラボの可能性も探りますね。審査会では楽しみにしていてください。

大熊:

はい、私どもは数多くの保育園を運営しておりますし、また保育園の横の繋がりもあります。皆様から寄せられたアイデアが、「これは子どもたちに必要なアイデアだ」と感じましたら、数量はでますので、私たちが製造業者に発注して作ることも可能なんです。

とても楽しみにしていますね!

株式会社アヴェニエール
オフィシャルWEBサイト

会社情報
ふるーる保育園、よつば保育園など多数の保育園運営
従業員数:227名(2020年4月現在 ※シッターを除く)

事業内容
認可保育事業
地域型保育事業
企業主導型保育事業

保育所開業支援コンサルティング及び委託運営業務

シッターマッチングサイト”Pick Sitter”運営

各種イベント保育業務
インバウンド向けシッターサービス

連結子会社:株式会社 ビーワールドプロモーション(広告代理業)

株式会社アヴェニエールが求めるアイデア

  • 子どもたちが自発的に楽しめる遊具アイデア
  • 「共有」することが楽しくなる遊具アイデア
  • 生育過程で必要とされる生活雑貨(食器・寝具・文具)などのアイデア

エンジェル企業様への直接のアイデア提案は固くお断りいたします。

チザコンテTOPに戻る

優秀賞は「出願費用の全額サポート(30万円相当)」

応募フォームはこちら